認知行動療法センター

不安とうつへの 統一プロトコル

うつと不安についての認知行動療法

うつや不安の症状

うつ=>落ち込みや、物事に対する意欲がわかない

不安=>そわそわ、イライラ、神経質になっている、

うつや不安に関係する診断基準

うつ病/大うつ病性障害、気分変調症

不安症:パニック症、全般的不安症、社交不安症、広場恐怖など

トラウマ関連障害:心的外傷後ストレス障害など

強迫性障害

 

うつや不安への認知行動療法の統一プロトコル(UP)

UPは、うつや不安など、様々な精神症状に対する治療法のひとつです。ご自身の気持ちとどのようにうまく付き合っていけるかを学びます。詳しくはこちら

※本ページのイラスト イオジン こまき ようこ, 不安とうつの統一プロトコル 診断を越えた認知行動療法 ワークブック (伊藤正哉, 堀越勝), 診断と治療社, 2014

ごあいさつ 医療従事者の皆さまへ アクセス リンク


国立精神・神経医療研究センター国立精神・神経医療研究センター 病院 神経研究所 精神保健研究所

トランスレーショナル・メディカルセンター メディカル・ゲノムセンター 脳病態統合イメージングセンター

ページの先頭へ