認知行動療法センター

ごあいさつ

認知療法・認知行動療法は、うつ病や不安障害などに対する治療効果が実証されている精神療法(心理療法)で、個人で行うものの他に、集団や家族を対象に行うものがあります。また、医療以外でも地域や職域の精神保健分野や、法律や教育に関連した領域などで認知療法・認知行動療法のスキルが活用されるなど、その適用範囲は大きく広がってきています。

そうした流れを受けて、平成23年4月にナショナルセンターである国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター内に認知行動療法センターが開設されました。
その目的は、


(1)認知療法・認知行動療法の提供とそれを用いた様々な領域における活動の支援と連携
(2)認知療法・認知行動療法の臨床研究
(3)認知療法・認知行動療法を実施できる様々な職種の人材の育成

 

を行うことにあります。

こころの健康が国民的課題となるなか、当センターの果たすべき役割は非常に大きいものがあると考えております。センター員一同、皆様のご協力を得ながら力を尽くしていきたいと考えておりますので、ご指導、ご支援のほどをよろしくお願い申し上げます。

認知行動療法センター センター長 堀越勝

ごあいさつ 医療従事者の皆さまへ アクセス リンク


国立精神・神経医療研究センター国立精神・神経医療研究センター 病院 神経研究所 精神保健研究所

トランスレーショナル・メディカルセンター メディカル・ゲノムセンター 脳病態統合イメージングセンター

ページの先頭へ