認知行動療法センター

research

慢性痛に対する認知行動療法

認知行動療法センターでは、慢性痛に対する認知行動療法の臨床試験を目指して研究を進めています。海外では、慢性痛に対して認知行動療法が有効であるという研究が数多く発表されています。本センターで行う認知行動療法も、慢性痛(3か月以上続く痛み)を抱えている方であれば、どなたでも対象となる可能性があります。対象となる疾患名は様々ですが、線維筋痛症、慢性腰痛、身体症状症(身体表現性障害)などが代表例です。以下に、本センターでのプログラムを簡単に紹介します。

 

慢性痛とは

我々は怪我をすると、その傷が原因となって痛みを感じます。これを急性痛といいます。急性痛は、その傷が治るにつれて徐々に和らぎ、最終的に痛み自体がなくなります。しかし、医学的に傷自体は治っても、痛みだけは残ることがあります。このようにして3か月以上続く痛みを慢性痛といいます。多くの場合、慢性痛が消えない原因ははっきりしないことが多く、心理的な要因も痛みが消えない一因になっていると考えられています。また、慢性痛があることによって、心理的にも社会的にも様々な困りごとが出てくるといわれています。

 

本プログラムが目指すもの

慢性痛を抱えている方が最も望むことは、当然ながら痛み自体がなくなることでしょう。本プログラムも痛みの軽減に役立つ可能性があります。ただし、慢性痛の原因は不明確かつ複雑で、簡単には軽減しないからこそ「慢性」痛となっています。本プログラムによって痛み自体が軽減するかどうかは、個人差があるといえるでしょう。認知行動療法が痛み自体の軽減に有効かどうかは、世界的にも検証中であるのが実情です。

しかし、慢性痛が我々に及ぼす影響は痛みそれ自体だけではありません。痛みによって、それまでしてきた趣味や活動を含めて日常生活が送りづらくなるでしょう。いつまで痛みが続くのか、痛みが今より悪化するのではないか、そんな考えが頭を駆け巡って不安や落ち込みを強く感じるかもしれません。そうなれば、日々の生活の中で楽しみを見出したり、達成感や充実感を得る機会も少なくなっていくでしょう。

慢性痛に対する認知行動療法は、上記のような慢性痛による日常生活の不自由さや悲観的な考えを軽減し、達成感や充実感のある生活を取り戻すのに有効であることが実証されています。つまり本プログラムでは、痛みとの上手なつきあい方を学び、自分自身でよりよい生活を送れるようになることを目指します。

 

どのような方が対象なのでしょうか?

慢性痛を抱えている方であれば、どなたでも対象となる可能性があります。特に、自分自身の痛みの特徴やそのつきあい方を考えて、少しでも趣味や楽しみを取り戻し、充実感のある生活を送りたいという方に適したプログラムです。

なお、慢性痛の原因となる疾患は非常に多様です。一例としては、以下のような診断を受けた方が対象になりやすいでしょう。

[線維筋痛症、慢性腰痛、身体症状症(身体表現性障害)、など]

 

どのようなプログラムなのでしょうか

本プログラムは全体で8回のセッションからなります。各セッションは毎週または隔週のペースで行いますので、最短8週間のプログラムです。1回のセッションは30分程度です。また、事前にお渡しするテキストの予習と、各セッションの最後にお出しするホームワークへの取り組みをお願いしています。認知行動療法に熟練した臨床心理士、医師、看護師等が実施担当者となり、全8セッションを行います。プログラムの内容は大きく以下の5つから構成されています。

①導入:認知行動療法の視点からあなたの慢性痛の特徴を考えます

②リラクセーション:身体の緊張を緩めるリラクセーション法を学びます

③ペーシング:あなたにとってほどよい活動と休息のペースを探ります

④認知再構成:過度に悲観的な考えがあれば、そのバランスの取り方を学びます

⑤再発予防:プログラムでの学びを整理し、今後の生活への生かし方をまとめます

ごあいさつ 医療従事者の皆さまへ アクセス リンク


国立精神・神経医療研究センター国立精神・神経医療研究センター 病院 神経研究所 精神保健研究所

トランスレーショナル・メディカルセンター メディカル・ゲノムセンター 脳病態統合イメージングセンター

ページの先頭へ