認知行動療法センター

staff

  • 精神科医師
  • 蟹江 絢子
  • 英字氏名:Ayako Kanie
  • 免許・資格・所属学会等:
  • 医学博士、精神保健指定医、日本精神神経学会専門医、
  • 日本総合病院精神医学会専門医
  • 産業医、厚生労働省認知行動療法研修事業スーパーバイザー
     

患者さんに寄り添い、多くの職種と協同で多方面からのアプローチができたらと考えております。

プロフィール

筑波大学 医学専門学群 医学類(医学部)卒業。国立国際医療研究センター初期研修医、国立精神・神経医療研究センター 精神科医師。東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科認知行動医学系博士課程卒業。現職。

興味・関心テーマ

強迫性障害、不安障害、うつ病、統合失調症、認知行動療法、認知リハビリテーション

Publications

(論文)

蟹江絢子,中込和幸,他:A new instrument for measuring multiple domains of social cognition: Construct validity of the Social Cognition Screening Questionnaire (Japanese version). Psychiatry Clini Neurosci 68(9):701-11,2014

 

蟹江絢子,谷口豪,村田佳子,榊原英輔,曽根大地,渡辺裕貴,渡邉雅子:心因性非てんかん性発作(Psychogenic Non-epileptic Seizure: PNES)の予後調査、精神科治療学,29(10);1311-1318,2014年10(精神治療学賞 最優秀賞)

 

蟹江絢子:最新の脳科学と強迫性障害.精神科臨床サービス.15:37-44,2015年2月

 

蟹江絢子, 中込和幸:統合失調症における社会認知の認知矯正療法-心理社会的治療法

  • 58(1):45‐53, 2016

 

蟹江絢子:社会認知障害の治療法 精神科,26(3):204-209,2015

 

蟹江絢子:国立国際医療研究センター病院における精神疾患合併妊婦と出生児の管理の検討 : 精神科リエゾン 総合病院精神医学,23(2), 167-171, 2011-04-15 2011年

 

(著書)

伊藤正哉,堀越勝,(監修)蟹江絢子(執筆、他):不安とうつの統一プロトコル バーロウ教授によるクリニカルデモンストレーション, 診断と治療社, 2014

 

大野裕,堀越勝,中野有美(監訳)蟹江絢子(分担訳):支持的精神療法入門 医学書院,東京,2014;125-145

 

堀越勝, 安藤哲也監訳 蟹江絢子(分担訳) 慢性疾患の認知行動療法 セラピストガイド

 

堀越勝, 安藤哲也監訳 蟹江絢子(分担訳) 慢性疾患の認知行動療法 ワークブック

 

James Morrison/松崎朝樹(監訳) 蟹江絢子(分担訳),
精神科診断戦略: モリソン先生のDSM-5徹底攻略case130 医学書院, 東京,2016

 

ごあいさつ 医療従事者の皆さまへ アクセス リンク


国立精神・神経医療研究センター国立精神・神経医療研究センター 病院 神経研究所 精神保健研究所

トランスレーショナル・メディカルセンター メディカル・ゲノムセンター 脳病態統合イメージングセンター

ページの先頭へ