認知行動療法センター

support

論文・著書 学会発表 社会的活動 その他

(1)原著

1)    Masaya Ito, Masaru Horikoshi, Noriko Kato, Yuki Oe, Hiroko Fujisato, Shun Nakajima, Ayako Kanie, Mitsuhiro Miyamae, Yoshitake Takebayashi, Ryo Horita, Masato Usuki, Atsuo Nakagawa, Yutaka Ono. Transdiagnostic and Transcultural: Pilot Study of Unified Protocol for Depressive and Anxiety Disorders in Japan. Behavior Therapy, 47(3), 416-430. 2016.

2)    Masaya Ito, Yasuyuki Okumura, Masaru Horikoshi, Noriko Kato, Yuki Oe, Mitsuhiro Miyamae, Naotsugu Hirabayashi, Ayako Kanie, Atsuo Nakagawa, Yutaka Ono. Japan Unified Protocol Clinical Trial for Depressive and Anxiety Disorders (JUNP study): study protocol for a randomized controlled trial. BMC Psychiatry, 16(1), 1-15, 2016.

3)    Yuka Kudo, Atsuo Nakagawa, Noriko Tamura, Noriko Kato, Aya Williams, Nobuo Aida, Masaru Mimura M: The reliability and validity of the Japanese version of the Temperament and Personality Questionnaire for patients with non-melancholic depression. Journal of Affective Disorders, 198, 237-241, 2016.

4)   Hiroko Fujisato, Masaya Ito, Yoshitake Takebayashi, Hiroki Hosogoshi, Noriko Kato, Shun Nakajima, Mitsuhiro Miyamae, Yuki Oe, Satoshi Usami, Ayako Kanie, Masaru Horikoshi, Matthias Berking. Reliability and Validity of the Japanese Version of the Emotion Regulation Skills Questionnaire. Journal of Affective Disorders, 208, 145-152, 2016

5)   Issei Shinmei, Kei Kobayashi, Yoki Oe, Yuriko Takagishi, Ayako Kanie, Masaya Ito, Yoshitake Takebayashi, Miho Murata, Masaru Horikoshi, Roseanne D Dobkin. Cognitive Behavioral Therapy for Depression in Japanese Parkinson's Disease Patients: A Pilot Study. Neuropsychiatric Disease and Treatment. 12,1319-1331, 2016

(2)著書

1)    堀越勝:こころの仕事のいろは, 金剛出版, 101-106, 2016.

2)    大江悠樹:看護師・コメディカルのための医療心理学入門 第2部Ⅰ 身体疾患について, 金剛出版, 2016.

3) 伊藤正哉・中島聡美・新明一星:複雑性悲嘆における心的外傷後成長, PTGの可能性と課題,金子書房, 宅香奈子編著, 186-195, 2016.

4) 伊藤正哉:複雑性悲嘆-子供を亡くした女性-, くらしの中の心理臨床3トラウマ, 福村出版,藤森和美・青木紀久代編, 88-91, 2016.

5)   藤里紘子:リラクセーションで緊張を緩める, 認知を変えることで不快な感情を和らげる 伊藤まゆみ(編), 看護に活かすカウンセリングⅡ 感情のマネージメント-効果的な患者支援と看護師のメンタルヘルスのための自己調節-, ナカニシヤ出版, 2016.

6) 大江悠樹: 第5部 問題別心理介入プロトコル 第20章 心身症 過敏性腸症候群.公認心理士必携 精神医療・臨床心理の知識と技法, 医学書院, 290-292, 2016.

7)  大江悠樹:第18章 一次性慢性痛 C. 過敏性腸症候群. 痛みの集学的診療:痛みの教育コアカリキュラム, 真興交易(株)医書出版部, 東京, 264-269, 2016.

8)   平子雪乃・北原雅樹:学習型痛み, 慢性痛の心理療法ABC, 文光堂, 第1章2. 9-12, 2016.2016.

(3)総説

1)    伊藤正哉・堀越勝・牧野みゆき・蟹江絢子・成澤知美・片柳章子・正木智子・高岸百合子・中島聡美・小西聖子:心的外傷後ストレス障害に対する認知行動療法-犯罪被害者のトラウマ治療を中心に-, 精神科治療学, 31, 221-225, 2016.

2)    田島美幸・橫井優磨・蟹江絢子・原祐子・樫村正美・堀越勝:認知症の地域ケアに対する認知行動療法の応用, 精神科治療学, 31(2), 185-190, 2016.

3)    上田一気・長尾愛美・髙橋葉子・東海林渉・松岡洋夫・大澤智子・田島美幸・加藤寛:被災地支援への認知行動療法の応用-東日本大震災後の被害者への取り組みから-精神科治療学, 31(2), 157-162, 2016.

4)    堀越勝・大江悠樹:リエゾン場面への認知行動療法の応用-他科の患者のメンタルヘルス-精神科治療学, 31, 163-170, 2016.

5)   堀越勝:「認認知行動療法」を有効にする条件と方法, 最新医学7月増刊号, 107(1519)-114(1526), 2016.

6)   堀越勝・細越寛樹:痛みに対する精神療法, こころの科学, 190, 2-8, 2016.

7)   田島美幸・堀越勝・中野有美・岡田佳詠・松本由紀奈:精神科医療におけるコメディカルスタッフの認知行動療法実施の現状および今後の教育体制, 認知療法研究, 9(2), 134-135, 2016.

8)  堀越勝:米国のコメディカルスタッフによるCBTの実践と訓練について, 認知療法研究, 9(2), 136-138, 2016.

9)   加藤典子:認知療法系CBTの一事例, 臨床心理学, 16(4), 404-406, 2016.

10)   加藤典子・小口芳世・中川ゆう子・中川敦夫パワー:ハラスメント被害を契機に発症したうつ病事例へのインターネット支援型認知行動療法, 認知療法研究, 9(2), 148-149, 2016.

11)   宗未来・渡部卓・中尾重嗣・東藤泰宏・加藤典子・今村幸太郎・関沢洋一:うつ病治療におけるインターネット認知行動療法(iCBT)の可能性, 認知療法研究, 9(2), 122-133, 2016.

(4)特許・出願

なし

(5)その他

1)    監修 堀越勝 他:パーソナリティ障害2 これからの対人援助を考えるくらしの心理臨床, 福村出版, 237, 2016.

2)    堀越勝:慢性痛に対する認知行動療法(CBT), Practice of Pain Management, 6, 2016.

3)    堀越勝:対話スキルでケアの質を上げる 2年目看護師を対象とした「コミニケーションセミナー」, 看護, 68, 2016.

4)    田島美幸・大野裕:精神保健福祉士が認知療法・認知行動療法を行う際の問題点の整理と対策調査, 厚生労働科学研究費補助金 障害者対策総合研究事業「認知行動療法等の精神療法の科学的エビデンスに基づいた標準治療の開発と普及に関する研究(研究代表者:大野裕)」平成27年度総括・分担研究報告書, 93-106, 2016.

5)    田島美幸・大野裕:作業療法士および精神保健福祉士が認知療法・認知行動療法を行う際の問題点の整理と対策調査, 厚生労働科学研究費補助金 障害者対策総合研究事業「認知行動療法等の精神療法の科学的エビデンスに基づいた標準治療の開発と普及に関する研究(研究代表者:大野裕)」平成25~27年度総合研究報告書, 345-353, 2016.

6)   堀越勝:マニュアル作成:慢性痛の認知行動療法 パイロット・スタディ版, 2016

7)   堀越勝:感情と上手に付き合い、人間関係を深める, やすらぎ通信秋冬号, 2016.

8)   藤里紘子:家族療法, 共感的理解, 起立性調節障害, 催眠療法, 自律訓練法, スーパーバイザー, 箱庭療法, フロイトの発達段階説, 保育臨床, 見立て・つもり遊び, 臨床心理士, ロールプレイ, ゲゼル, 谷田貝公昭 (編), 新版保育用語辞典, 一藝社, 2016.

9)   加藤典子:簡易型CBTプログラム開発及びマニュアル作成に関する研究, 平成27年度労災疾病臨床研究事業費補助金, 職域のうつ病回復モデル開発に関する研究(研究代表者:宇都宮健輔)総括・分担研究報告書, 2016.

10)  堀越勝:支持的精神論法, 精神科研修ノート改訂第2版第3章「症候から見る状態像」3, 2016.

11) 藤澤大介・鈴木伸一・熊野宏昭・高垣耕企・大江悠樹・仲地良子:身体感覚や行動からこころへのアプローチ:第四世代認知行動療法に向けて, 認知療法研究, 9 (2), 100-110, 2016.

12)  大江悠樹:痛みに対する心理的アプローチ:認知行動療法を中心に, 運動器疼痛学会誌, 8 (2), 158-161, 2016.

(1)特別講演・シンポジウム

1) 堀越勝, Postvention, 第7回国際自殺予防学会 アジア・太平洋地域大会, 20160520, 東京都

2)    堀越勝, 認知処理療法(CPT: Cognitive Processing Therapy), 第112回日本精神神経学会学術総会, 20160602, 東京都

3)    堀越勝, 身体症状に対する認知行動療法:「苦脳」と「苦痛」への介入, 第112回日本精神神経学会学術総会, 20160604, 東京都

4)Masaya Ito, Emotion and authenticity for healthy living, International Congress of Psychology, Synposium, 20160725, Tokyo

5) 伊藤正哉:米国における臨床心理士, 帝京平成大学臨床心理専門職大学院 平成28年度公開講演, 20160827, 東京都

6)  片柳章子・中島聡美・伊藤正哉・堀越勝:性暴力被害者における認知処理療法の効果について, 日本心理臨床学会第35回秋季大会, 20160905, 神奈川県

7) 大江悠樹:線維筋痛症に対する認知行動療法と社会保障, 第8回日本線維筋痛症学会, 20160918, 東京都

8)   堀越勝:認知行動療法スーパービジョンの進め方, 日本認知・行動療法学会第42回大会, 20161008, 徳島県

9)   堀越勝:教育講演「身体疾患患者のストレス・心理的支援について」, 日本ストレス学会, 20161029, 東京都

10)   堀越勝:教育講演「不安障害」, 第16回日本認知療法学会, 20161124、大阪府

11)   堀越勝:ワークショップ「パニック障害の認知行動療法」, 第16回日本認知療法学会, 20161124, 大阪府

12)   堀越勝:指定討論「認知行動療法が開く新しい公認心理師の世界:これまでの資格と国家資格はどこがどう違うのか」, 第16回日本認知療法学会, 20161124, 大阪府

13) 田島美幸:地域ケアに活かす認知行動療法; 認知症の家族介護者への認知行動療法, 第16回日本認知療法学会, 20161124, 大阪府

14) 大江悠樹:過敏性腸症候群に対する認知行動療法, 第16回日本認知療法学会, 20161124-25, 大阪府

15)   堀越勝:ワークショップ「強迫性障害」, 第16回日本認知療法学会, 20161125, 大阪府

16)   堀越勝:コメンテーター「10年間ひどい確認強迫に苦しんでいた30代女性に対する認知行動療法」, 第16回日本認知療法学会, 20161125, 大阪府

17)   堀越勝:疼痛のコミュニケーション研修, 第9回日本運動器疼痛学会, 20161127, 東京都

(2)国際学会

1)   Masaya Ito, Emotion and authenticity for healthy living, International Congress of Psychology, Symposium, 20160725, Tokyo, Japan

2)   Mitsuhiro Miyamae, Hiroko Fujisato, Keisuke Yamada, Ayako Isato, Chisa Okubo, Hitomi Terashima. The effects of borderline personality disorder (BPD) trait on emotion dysregulation and the severity of BPD symptoms in Japanese nonclinical adolescents. 31st International Congress of Psychology, 20160724-29, Yokohama, Japan

3)  Yohei Sasaki, Mutsuhiro Nakao, Yoshio Kodama, Shohei Adachi, Kentaro Shirotsuki. The preliminary study of computerized cognitive behavior therapy for social anxiety.the 31st International Congress of Psychology, 20160724-29, Yokohama, Japan

4)   Hitomi Terashima, Chisa Okubo, Ayako Isato, Keisuke Yamada, Mitsuhiro Miyamae, Hiroko Fujisato. Comparing effectiveness between short version and full version of STEPPS for university students in Japan. 31st International Congress of Psychology, 20160724-29, Yokohama, Japan

5)   Hitomi Terashima, Chisa Okubo, Keisuke Yamada, Ayako Isato, Mitsuhiro Miyamae, Hiroko Fujisato (2016). Which symptoms of emotional intensity is the emotion management skills part of Systems Training for Emotional Predictability and Problem Solving (STEPPS) effective in Japanese students? 4th International Congress on Borderline Personality Disorder and Allied Disorders, 20160908-10, Vienna, Austria

6)   Shigetsugu Nakao, Atsuo Nakagawa, Oguchi Yoshiyo, Noriko Kato, Yuko Nakagawa, Dai Mitsuda, Erika Hyou, Masaru Mimura, Yutaka Ono. Brief internet-assisted cognitive behavior therapy (i-CBT) for major depression : a randomised controlled trial. 8th World Congress of Behavioural and Cognitive Therapies., Poster session, 20160622-25, Melbourne, Australia

(3)一般学会

1)    大江悠樹・倉五月・富田吉敏・有賀元・天野智文・大和滋・堀越勝・福土審・菊地裕絵,・安藤哲也:過敏性腸症候群に対する認知行動療法(CBT-IE)のRCTに向けて:パイロットスタディ実施の経験から, 第127回日本心身医学会関東地方会, 20160213-14, 東京都

2) 堀越勝 他:トラウマに対する認知処理療法, 第15回日本トラウマティック・ストレス学会, 20160519, 宮城県

3)   中尾重嗣・中川敦夫・加藤典子・中川ゆう子・満田大・馮えりか・三村將・大野裕:うつ病に対するインターネット支援型認知行動療法:ベースラインデータの検討, 第112回日本精神神経学会学術総会, 20160602-04, 東京都

4)   大江悠樹・倉五月・富田吉敏・有賀元・天野智文・大和滋・福土審・菊地裕絵・安藤哲也:過敏性腸症候群に対する認知行動療法(CBT-IE)の開発研究:パイロットスタディの実施報告, 第57回日本心身医学会, 20160604-05, 宮城県

5)   片柳章子・中島聡美・伊藤正哉・堀越勝:性暴力被害者における認知処理療法の効果について, 日本心理臨床学会第35回秋季大会, 20160905, 神奈川県

6) 浪久悠・杉山智美・須賀裕輔・村田雄一・和田舞美・大江悠樹:医療観察法病棟における作業療法士を中心とした集団認知行動療法プログラムの試み, 第70回国立病院総合医学会, 20161111-12, 沖縄県

7)  田島美幸・横井優磨・原祐子・藤里紘子・岩元健一郎・吉原美沙紀・蟹江絢子・堀越勝:認知症の家族介護者を対象とした認知行動療法プログラムの開発, 第16回日本認知療法学会, 20161123-25, 大阪府

8)  岩元健一郎・田島美幸・今井杏理・藤里紘子・川﨑直樹・川原可奈・早坂佳津絵・今村扶美・平林直次・堀越勝:認知行動療法と職場連携を中心とした復職支援プログラムの開発, 第16回日本認知療法学会, 20161123-25, 大阪府

9) 中山孝子・蟹江絢子・飯島崇乃子・小林由季・新明一星・堀越勝:産後に発症した強迫性障害に対し曝露反応妨害法で奏効した事例, 第16回日本認知療法学会, 20161124 -25, 大阪府

10)  小林由季・忽滑谷直子・田島美幸:中学3年生を対象とした「怒りのコントロール」講座実践報告-担任とSCとのコラボレーション講座-, 第16回日本認知療法学会, 20161124-25, 大阪府

11)  岩元健一郎・田島美幸・今井杏理・藤里紘子・川﨑直樹・川原可奈 早坂佳津絵・今村扶美・平林直次・堀越勝:認知行動療法と職場連携を中心とした復職支援プログラムの開発, 第16回日本認知療法学会, 大阪20161124-25, 大阪府

12)  上田一気・東海林渉・臼倉瞳・田島美幸・高橋葉子・阿部幹佳・松岡洋夫・大野裕・松本和紀:被災地における「こころのエクササイズ研修」プログラムの有効性の検証:ランダム化比較試験, 第16回日本認知療法学会, 20161124 -25, 大阪府

13)  田島美幸・横井優磨・原祐子・藤里紘子・岩元健一郎・吉原美沙紀  ・蟹江絢子・堀越勝:認知症の家族介護者を対象とした認知行動療法プログラムの開発, 第16回日本認知療法学会, 20161124 -25, 大阪府

14) 中山孝子:産後に発症した強迫性障害に対し曝露反応妨害法で奏功した事例, 第16回日本認知療法学会, 20161123 -25, 大阪府

(4)その他

1)   大江悠樹:墨田区うつ病講演会-気持ちを楽にする考え方・関わり方, 墨田区本所保健センター, 20160316, 東京都

2)   堀越勝(司会):日本ポジティブサイコロジー医学会学術集会, 20161022, 京都府

3) 伊藤正哉・加藤典子・藤里紘子・中島俊:ワークショップ14. UP(統一プロトコール), 第 16 回日本認知療法学会,  20161123 -25, 大阪府

1) 行政等への貢献

・ 認知行動療法研修認知行動療法の理論と実際, 多摩総合精神保健福祉センター, 20160213, 東京都

・ うつ病の認知療法・認知行動療法1日研修;問題解決技法・アサーション, 厚生労働省認知行動療法研修事業, 20160924, 東京都

・ うつ病の認知療法・認知行動療法ワークショップ, 厚生労働省認知行動療法研修事業, 20161009, 東京都

・ 認知行動療法入門以前~基本的なコミュニケーションスキルを学ぶ~, 平成28年度「依存症関連相談技術研修会」, 栃木精神保健福祉センター, 20161101-02, 栃木県

・ 子供の認知行動療法, 平成28年度第4回臨床セミナー, 東京都児童相談センター, 20161114, 東京都

・ 認知行動療法, 法務省任用研修過程高等科第48回研修, 20161206,東京都

2) 市民社会への貢献

・ メンタルヘルス研修, 20160127, 東京都

・ ゲートキーパー講座 こころに寄り添う対話術〜認知行動療法による傾聴と共感〜, 20160305, 東京都

・ ストレスと上手に向き合うために~認知行動療法でこころの力を育てよう~, こころといのちの講演会, 足立区東和保健総合センター, 20160316, 東京都

・ 元気になる会話のコツ, 国立精神・神経医療研究センター病院家族会, 20160528, 東京都

・ 心理臨床学実習C認知行動療法, 放送大学学園, 20160702, 20160716,  東京都

・ ゲートキーパー養成講座 がんばりすぎる人のためのストレス解消術~こころのスキルアップトレーニング~, 20160930, 東京都

・ 傾聴ボランティアのコミュニケーションスキル実践編、女川町傾聴(聴き上手)ボランティア育成研修、女川町健康福祉課、20160824、宮城県

 ・元気になる会話のコツ, 長野県箕輪町こころの健康づくり講演会, 箕輪町役場, 20161017, 長野県

3) 専門教育への貢献

・    ベーシック研修, 一社)認知行動療法研修開発センター20160108, 20160122, 20160226, 20160318, 20160513, 20160603, 20160617, 東京都

・  ベーシック研修, NPO法人 OCD-Japan, 21060701, 20160715, 20160826, 20160902, 20160916, 20160930, 20161014, 20161028, 20161104, 20161118, 20161209, 東京都

・    アドバンス研修, 一社)認知行動療法研修開発センター, 20160113, 20160210, 20160615, 東京都

・ アドバンス研修, NPO 法人 OCD-Japan, 20160720, 20160817, 20160928, 20161019, 20161116, 20161221, 東京都

・ 認知行動療法, 筑波大学東京キャンパス社会人大学院, 20160107, 20160114, 東京都

・    コミュニケーションスキル・ソクラテス的問答 うつ病の認知療法・認知行動療法ワークショップ, 厚生労働省認知行動療法研修事業, 20160110-11, 京都府

・    ライン研修, 国立精神・神経医療研究センター社員向け研修, 20160114, 東京都

・    被災地支援におけるコミュニケーション実習, 災害復興メンタルヘルス研修会, 20160116, 岩手県

・    身体疾患患者に対するWAIS-IIIの実施と解釈(1)~(4), 新宿神経クリニック, 20160128, 20160212, 20160318, 20160414, 東京都

・    強迫性障害の認知行動療法研修, 認知行動療法センター外部研修, 20160130-31, 東京都

・    こころアプリワークショップ, 20160131, 愛知県

・    感情とは何か, 愛知県看護協会, 20160203-4, 愛知県

・    管理者が迷う部下への対応方法~管理者自身がストレスを溜めないために~, 株式会社東芝府中営業所, 20160208, 東京都

・    認知行動療法の理論と実際, 認知行動療研修, 多摩総合精神保健福祉センター, 20160217, 東京都

・    精神保健夜間講座「認知療法の基礎を学ぶ」問題解決技法とアサーション, 明治安田こころの健康財団, 20160224, 東京都

・    慢性痛に対する精神的介入~認知行動療法に基づいて~, 第7回新潟疼痛懇話会, 20160303, 新潟県

・    支援者に求められるコミュニケーションスキル~認知行動療法につながる基本技法~, 20160313, 岩手県

・    認知行動療法の理論と実際, ゲートキーパー養成フォロー研修, 町田市保健所, 20160322, 東京都

・    慢性疼痛に対する認知行動療法について, 疼痛勉強会, 20160326, 大阪府

・ 医療連携講演会、国立精神・神経医療研究センター病院, 20160510, 東京都

・ トラウマに対する認知処理療法、第15回日本トラウマティックストレス学会プレコングレス, 仙台市震災復興記念館, 20160519, 宮城県

・ 精神療法の基本, 国立国際医療研究センター国府台病院-肝炎・免疫センター研究室, 20160524, 東京都

・認知行動療法の実際-感情のみかた-, 第25回地域精神保健講座, 20160610, 東京都

・ 勤労者のメンタルヘルスケア, 東京都教職員互助会, 20160614, 東京都

・ 第11回認知行動療法研修会, 日本精神科病院協会, 20160617, 東京都

・ 精神疾患の基礎知識 患者接するコツを認知行動療法から学ぶ, 東京都立心身障害者口腔保健センター, 20160619, 東京都

・ NCNPレジデント研修, 認知行動療法センター, 20160622,  20160629, 20160713, 東京都

・ 認知行動療法に基づく看護ケア, 日本看護協会出版会, 20160626, 愛知県

・ 身体疾患における認知行動療法, 第35回多摩精神臨床研究会, 20160629, 東京都

・ 認知行動療法, 法務省矯正研修所 任用研修課程中級管理科第20回研修, 20160630, 東京都

・ 第5回国立病院機構 精神医学セミナー, 20160709, 長野県

・ メンタルヘルス教育に活かす認知行動療法的アプローチセミナー「事業場での実践事例紹介」中央労働災害防止協会健康快適推進部研修支援センター,20160716, 東京都

・ メンタルヘルス教育に活かす認知行動療法的アプローチセミナー「事業場での実践事例紹介」中央労働災害防止協会 大阪労働衛生総合センター,20160718, 大阪府

・ 自殺対策における相談支援技術研修~認知療法的な相談対応の基礎と活用~, 岩手県精神保健福祉センター, 20160724, 岩手県

・ 第6回精神医学サマーセミナー, 20160730, 東京都

・ 第4回東京サイコオンコロジーネットワーク, 20160803, 東京都

・ 惨事ストレス研究部会 平成28年度中央大会, 20160806, 東京都

・ ケアのコミュニケーション, 東京大学医学部付属病院, 20160808, 東京都

・ 第28年度若年層自殺対策相談対応人材育成研修, 愛知県精神保健福祉センター, 20160816, 愛知県

・ 感情障害に対する診断を超えた認知行動療法:統一プロトコル研修, 国立精神・神経医療研究センター 認知行動療法センター外部研修,  国, 20160819-20, 東京都

・ 「怒りと付き合う-担任、SCとのコラボレーション講座より」、「こころのスキルアップ教育」関東地区研修会~レジリエンス・問題解決力を授業で高める~, 認知行動療法教育研究会, 20160823, 東京都

・ 警視庁平成28年度全国規模専科「ストーカー・配偶者暴力対策」ストーカー事案の加害者沈静化に配意した対応の為の精神医学的・心理学的手法, 20160907, 東京都

・ メンタルヘルス教育に活かす認知行動療法的アプローチセミナー「事業場での実践事例紹介」中央労働災害防止協会中央労働災害防止協会健康快適推進部研修支援センター,20160910, 東京都

・ 認知行動療法におけるコミュニケーションスキル研修, 国立精神・神経医療研究センター 認知行動療法センター外部研修,  20160910-11, 東京都

・ 平成28年中級研修会; コラム・ホームワークが出来ない人への対応, 集団認知行動療法研究会, 20160911, 東京都

・ ストーカー加害者の沈静化に配意した対応の為の心理的手法にかかわる研修, 国立精神・神経医療研究センター 認知行動療法センター外部研修, 20160917, 東京都

・ 平成28年度夜間大学院 認知行動療法, 筑波大学, 20160917, 東京都

・ 基本的な技法を用いて適切なコミュニケーションを図ろう, 国立病院機構 東京病院, 20160929, 東京都

・ コミュニケーションスキル, ソクラテス式問答(演習), 平成28年度認知行動療法研修事業 うつ病の認知療法・認知行動療法ワークショップ, 一般社団法人 認知行動療法研修開発センター, 20161009, 東京都

・ うつ病の認知療法・認知行動療法ワークショップ, 厚生労働省認知行動療法研修事業, 20161009, 東京都

・ 複雑性悲嘆の認知行動療法研修, 国立精神・神経医療研究センター 認知行動療法センター外部研修,  20161014-15, 東京都

・ 看護管理研修プライマリーコース講師「コミュニケーションⅠ」, 名古屋大学医学部, 20161025, 愛知県

・ 認定看護管理者教育課程ファーストレベル講師 「人材育成の方法」, 名古屋大学医学部, 20161026, 愛知県

・ 第12回認知行動療法研修会, 日本精神科病院協会, 20161104, 東京都

・ 平成28年度精神保健福祉研修 認知行動療法を知る~認知行動療法を活動に活かしたい方へ~, 東京都中部総合精神保健福祉センター, 20161122, 東京都

・ ワークショップ 自殺(自殺予防のための認知療法・認知行動療法), 第16回日本認知療法学会, 20161123, 大阪府

・ 強迫性障害の認知行動療法, 第17回認知療法研修会, 日本認知療法学会, 20161125, 大阪府

・ 平成28年度心とからだの健康づくり指導者等のための実務向上研修, 健康づくりに活かす認知行動療法, 中央労働災害防止協会, 20161201, 愛知県

・ トラウマに関する認知処理療法研修, 国立精神・神経医療研究センター 認知行動療法センター外部研修, 20161202-03, 東京都

・ 認知行動療法研修認知行動療法の理論と実際, 多摩総合精神保健福祉センター, 20161209, 東京都

・ 認知行動療法の理論と実際, 認知行動療法研修.多摩総合精神保健福祉センター, 20161216, 東京都

・ 不安症の認知行動療法研修, 国立精神・神経医療研究センター 認知行動療法センター外部研修, 20161216-17, 東京都

 

ごあいさつ 医療従事者の皆さまへ アクセス リンク


国立精神・神経医療研究センター国立精神・神経医療研究センター 病院 神経研究所 精神保健研究所

トランスレーショナル・メディカルセンター メディカル・ゲノムセンター 脳病態統合イメージングセンター

ページの先頭へ