認知行動療法センター

support

論文・著書 学会発表 社会的活動 その他

(1)原著

1)    Masaya Ito, Masaru Horikoshi, Noriko Kato, Yuki Oe, Hiroko Fujisato, Shun Nakajima, Ayako Kanie, Mitsuhiro Miyamae, Yoshitake Takebayashi, Ryo Horita, Masato Usuki, Atsuo Nakagawa, Yutaka Ono. Transdiagnostic and Transcultural: Pilot Study of Unified Protocol for Depressive and Anxiety Disorders in Japan. Behavior Therapy, 47, 416–430. 2016.
2)    Masaya Ito, Yasuyuki Okumura, Masaru Horikoshi, Noriko Kato, Yuki Oe, Mitsuhiro Miyamae, Naotsugu Hirabayashi, Ayako Kanie, Atsuo Nakagawa, Yutaka Ono. Japan Unified Protocol Clinical Trial for Depressive and Anxiety Disorders (JUNP study): study protocol for a randomized controlled trial. BMC Psychiatry, 16(1): 71, doi: 10.1186/s12888-016-0779-8, 20160318, 2016.
3)    Yuka Kudo, Atsuo Nakagawa, Noriko Tamura, Noriko Kato, Aya Williams, Nobuo Aida, Masaru Mimura M: The reliability and validity of the Japanese version of the Temperament and Personality Questionnaire for patients with non-melancholic depression. Journal of Affective Disorders, 198, 237-241, 2016.

(2)著書

1)    堀越勝:こころの仕事のいろは, 金剛出版, 101-106, 2016.
2)    大江悠樹:看護師・コメディカルのための医療心理学入門 第2部 I 身体疾患について, 金剛出版, 2016.

(3)総説

1)    伊藤正哉・堀越勝・牧野みゆき・蟹江絢子・成澤知美・片柳章子・正木智子・高岸百合子・中島聡美・小西聖子:心的外傷後ストレス障害に対する認知行動療法―犯罪被害者のトラウマ治療を中心に―, 精神科治療学, 31, 221-225, 2016.
2)    田島美幸・橫井優磨・蟹江絢子・原祐子・樫村正美・堀越勝:認知症の地域ケアに対する認知行動療法の応用, 精神科治療学, 31(2), 185-190, 2016.
3)    上田一気・長尾愛美・髙橋葉子・東海林渉・松岡洋夫・大澤智子・田島美幸・加藤寛:被災地支援への認知行動療法の応用‐東日本大震災後の被害者への取り組みから‐精神科治療学, 31(2), 157-162, 2016.
4)    堀越勝・大江悠樹:リエゾン場面への認知行動療法の応用-他科の患者のメンタルヘルス-精神科治療学,31,163-170,2016.

(4)特許・出願

なし

(5)その他

1)    監修 堀越勝他:パーソナリティ障害2 これからの対人援助を考えるくらしの心理臨床, 福村出版, 237, 2016.
2)    堀越勝:慢性痛に対する認知行動療法(CBT), Practice of Pain Management, 6, 2016.
3)    堀越勝:対話スキルでケアの質を上げる 2年目看護師を対象とした「コミニケーションセミナー」, 看護, 68, 2016.
5)    田島美幸・大野裕:精神保健福祉士が認知療法・認知行動療法を行う際の問題点の整理と対策調査, 厚生労働科学研究費補助金 障害者対策総合研究事業「認知行動療法等の精神療法の科学的エビデンスに基づいた標準治療の開発と普及に関する研究(研究代表者:大野裕)」平成27年度総括・分担研究報告書, 93-106, 2016.
6)    田島美幸・大野裕:作業療法士および精神保健福祉士が認知療法・認知行動療法を行う際の問題点の整理と対策調査, 厚生労働科学研究費補助金 障害者対策総合研究事業「認知行動療法等の精神療法の科学的エビデンスに基づいた標準治療の開発と普及に関する研究(研究代表者:大野裕)」平成25~27年度総合研究報告書, 345-353, 2016.

(1)特別講演・シンポジウム

1)    堀越勝, Postvention 第7回国際自殺予防学会 アジア・太平洋地域大会, 20160520, 東京都
2)    堀越勝, 認知処理療法(CPT: Cognitive Processing Therapy), 第112回日本精神神経学会学術総会, 20160602, 東京都
3)    堀越勝, 身体症状に対する認知行動療法:「苦脳」と「苦痛」への介入, 第112回日本精神神経学会学術総会, 20160604, 東京都

(2)国際学会

(3)一般学会

1)    大江悠樹・倉五月・富田吉敏・有賀元・天野智文・大和滋・堀越勝・福土審・菊地裕絵,・安藤哲也:過敏性腸症候群に対する認知行動療法(CBT-IE)のRCTに向けて:パイロットスタディ実施の経験から, 第127回日本心身医学会関東地方会, 20160213-14, 東京都

(4)その他

1)   大江悠樹:墨田区うつ病講演会-気持ちを楽にする考え方・関わり方, 墨田区本所保健センター, 20160316, 東京都

1) 行政等への貢献

・ 認知行動療法研修認知行動療法の理論と実際, 多摩総合精神保健福祉センター,  20160213, 東京都

2) 市民社会への貢献

・ メンタルヘルス研修, 20160127, 東京都
・ ゲートキーパー講座 こころに寄り添う対話術〜認知行動療法による傾聴と共感〜, 20160305, 東京都
・ ストレスと上手に向き合うために~認知行動療法でこころの力を育てよう~, こころといのちの講演会, 足立区東和保健総合センター, 20160316, 東京都

3) 専門教育への貢献

・    ベーシック研修, 一社)認知行動療法研修開発センター20160108, 20160122, 20160226, 20160318, 東京都
・    アドバンス研修, 一社)認知行動療法研修開発センター, 20160113, 20160210, 東京都
・    コミュニケーションスキル・ソクラテス的問答 うつ病の認知療法・認知行動療法ワークショップ, 厚生労働省認知行動療法研修事業, 20160110-11, 京都府
・    ライン研修, 国立精神・神経医療研究センター社員向け研修, 20160114, 東京都
・    被災地支援におけるコミュニケーション実習, 災害復興メンタルヘルス研修会, 20160116, 岩手県
・    身体疾患患者に対するWAIS-IIIの実施と解釈(1)~(3), 新宿神経クリニック, 20160128, 20160212, 20160318, 東京都
・    強迫性障害の認知行動療法研修, 認知行動療法センター外部研修, 20160130-31, 東京都
・    こころアプリワークショップ, 20160131, 愛知県
・    感情とは何か, 愛知県看護協会, 20160203-4, 愛知県
・    管理者が迷う部下への対応方法~管理者自身がストレスを溜めないために~, 株式会社東芝府中営業所, 20160208, 東京都
・    認知行動療法の理論と実際, 認知行動療研修, 多摩総合精神保健福祉センター, 20160217, 東京都
・    精神保健夜間講座「認知療法の基礎を学ぶ」問題解決技法とアサーション, 明治安田こころの健康財団, 20160224, 東京都
・    慢性痛に対する精神的介入~認知行動療法に基づいて~, 第7回新潟疼痛懇話会, 20160303, 新潟県
・    支援者に求められるコミュニケーションスキル~認知行動療法につながる基本技法~, 20160313, 岩手県
・    認知行動療法の理論と実際, ゲートキーパー養成フォロー研修, 町田市保健所, 20160322, 東京都
・    慢性疼痛に対する認知行動療法について, 疼痛勉強会, 20160326, 大阪府

ごあいさつ 医療従事者の皆さまへ アクセス リンク


国立精神・神経医療研究センター国立精神・神経医療研究センター 病院 神経研究所 精神保健研究所

トランスレーショナル・メディカルセンター メディカル・ゲノムセンター 脳病態統合イメージングセンター

ページの先頭へ