認知行動療法センター

support

論文・著書 学会発表 社会的活動 その他

(1)原著

1)    Hiroko Fujisato, Masaya Ito, Yoshitake Takebayashi, Hiroki Hosogoshi, Noriko Kato, Shun Nakajima, Mitsuhiro Miyamae, Yuki Oe, Satoshi Usami, Ayako Kanie, Masaru Horikoshi, Matthias Berking: Reliability and Validity of the Japanese Version of the Emotion Regulation Skills Questionnaire, Journal of Affective Disorders, 208, 145-152, 2017.

2)    Masaya Ito, Masaru Hrikoshi, Akiko Katayanagi, Mitsuhiro Miyamae, Yriko Takagishi, Yoshitake Takebayashi, Ayako Kanie, Naotsugu Hirabayashi: Study protocol for a randomised controlledtrial of cognitive processing therapy for post-traumatic stress disorder among Japanese patients: the Safety, Power, Intimacy, Esteem, Trust(SPINET)study, BMJ Open, 2017.

3)    Akio Mantani, Tadashi Kato, Toshiaki Furukawa, Masaru Horikoshi, Hissei Imai, Takahiro Hiroe, Nao Kawanishi: Smartphone cognitive-behavior therapy as adjunct to pharmacotherapy for refractory depression: a randomized controlled trial, Journal of Medical Internet Research, 19(11), e373 doi, 2017.

4)   Yuki Kobayashi, Hisato Matsunaga, Tomohiro Nakao, Yuka Kudo, Eisuke Sakakibara, Ayako Kanie, Noriko Nakayama, Issei Shinmei, Masaru Horikoshi: The Japanese version of the Family Accommodation Scale for Obsessive-Compulsive Disorder: Psychometric properties and clinical correlates. Journal of Obsessive-Compulsive and Related Disorders, 15, 27-33, 2017.

5)   Issei Shinmei, Ayako Kanie, Yuki Kobayashi, Noriko Nakayama, Yuriko Takagishi, Sonoko Iijima, Yoshitake Takebayashi, Masaru Horikoshi: Pilot study of exposure and reponse prevention for Japanese patients with obsessive-compulsive disorder, Journal of Obsessive-Compulsive and Related Disorders, 15, 19-26, 2017.

6)     Joshua Curtiss, Masaya Ito, Yoshitake Takebayashi, Stefan G. Hofmann: Longitudinal Network Stability of the Functional Impairment of Anxiety and Depression, Clinical Psychological Science, DOI: 10.1177/2167702617745640, 2017.

7)     Joshua Curtiss, David H. Klemanski, Leigh Andrews, Masaya Ito, Stefan G. Hofmann: The conditional process model of mindfulness and emotion regulation: An empirical test. Journal of Affective Disorders, 212, 93-100, 2017.

8)     Takaki Fukumori, Hiromi Kuroda, Masaya Ito, and Masami Kashimura: Effect of guided, structured, writing program on self-harm ideations and emotion regulation, The Journal of Medical Investigation, 64, 74-78, 2017.

9)     Norio Sasaki, Hironori Somemura, Saki Nakamura, Megumi Yamamoto, Manabu Isojima, Issei Shinmei, Masaru Horikoshi, Katsutoshi Tanaka: Effects of Brief Communication Skills Training for Workers Based on the Principles of Cognitive Behavioral Therapy: A Randomized Controlled Trial, Journal of Occupational and Environmental Medicine, 1, 61-66, 2017.

10)    平子雪乃・吉村聡:急性低音障害型感音難聴患者の心理的特徴〜ロールシャッハテストを用いた検討〜, 上智大学心理学年報, 41, 1-11, 2017

11)    平子雪乃:治療者への情緒を否定し続けたクライエントとの面接, 精神分析研究, 61(3), 403-408, 2017.

(2)著書

1)    Ametaj, A.A., Wong-Sarver, N., Anakwenze, O., Ito, M., Rattner Castro, M., & Potluri, S. (2017) Cross-cultural applications of the Unified Protocol for Transdiagnostic Treatment of Emotional Disorders. In T. J. Farchione & D. H. Barlow (Eds.), Applications of the Unified Protocol for Transdiagnostic Treatment of Emotional Disorders. New York, NY: Oxford University Press.

2)    伊藤正哉 (訳) (2017) 遷延性悲嘆障害に対する複雑性悲嘆治療 前田正治・大江美佐(監訳)U. Schnyder & M. Cloitre(Eds.)トラウマ関連疾患に対する心理療法ガイド(仮) 誠信書房 in press.

3)    カレン J. ランズマン・キャサリーン M. ルパータス・チェリー.ペドリック・堀越勝:家族と取り込む強迫性障害克服ワークブック, 2017.

4)    ロナウド T. ポッターエフロン・パトリシア S. ポッターエフロン 堀越勝:30分でできる怒りのセルフコントロール, 2017.

5)    マシュー マッケイ・トロイ デュフレーヌ・堀越勝:30分でできる不安のセルフコントロール, 2017.

6)    堀越勝:臨床家のほめる技術, こころの科学, 日本評論社, 10-18, 2017.

7)    田島美幸・吉原美沙紀・岩元健一郎・藤里紘子・原祐子:事例12 家族介護者の心理教育-認知症の家族介護者の集団心理教育プログラム-, 認知症(これからの対人援助を考える くらしの中の心理臨床5),福村出版, 101-106, 2017. 

8)    小久保奈緒美:第3章第3節「ユーザの心理」, 社会実装イントロ講座, 東京高専, 109-111, 2017.

9)    小林由季:事例3 強迫性障害における不安-第一子の出産をきっかけに強迫症状を呈した母親-, 不安 (これからの対人援助を考える くらしの中の心理臨床4),福村出版, 24-28, 2017. 

10)    大江悠樹:事例20  嘔吐恐怖, 不安(これからの対人援助を考える 暮らしの中の心理臨床4),福村出版, 114-118, 2017.

11)    伊藤正哉:事例22  異動後の一時的な不適応による不眠と不安-軽症の適応障害-, 不安(これからの対人援助を考える 暮らしの中の心理臨床4),福村出版, 124-127, 2017.

12)    伊藤正哉:資料編2 不安障害に関する統計資料, 不安(これからの対人援助を考える 暮らしの中の心理臨床4),福村出版, 168-173, 2017.

13)    加藤典子・堀越勝:理論編3  不安に対する認知行動療法, 不安(これからの対人援助を考える 暮らしの中の心理臨床4),福村出版, 146-149, 2017.

14)    新明一星・堀越勝:心理療法, やさしいパーキンソン病の自己管理, 医療ジャーナル社, 69-73, 2017.

(3)総説

1)    堀越勝:慢性疼痛の認知行動療法, 最新医学, 72 (2), 118-125, 2017.

2)    堀越勝・小林由季:新しいタイプの曝露反応妨害法 (制止学習理論とアクセプタンスに基づいた曝露反応妨害法), 精神科治療学, 32(4), 477-483, 2017.

3)    今井必生・古川壽亮・堀越勝・渡辺範雄・明智龍男・川西直・長谷川晃朗:スマートフォンを用いた認知行動療法, 精神科, 30(5), 431-435, 2017.

4)    大野裕・藤澤大介・堀越勝 他:認知行動療法のこれから, 精神療法, 4, 22-29, 2017.

5)    山内俊雄・松本和紀・堀越勝 他:PTSDに対する認知処理療法, 精神医学, 59(5), 449-457, 2017.

6)    堀越勝・藤澤大介・馬場元:うつ病治療を支える精神療法的アプローチ, DEPRESSION JOURNAL, 5(3), 11-15, 2017.

7)    田島美幸・白川麻子:再発予防と認知行動療法, 特集 うつ病患者の社会復帰-改正障害者雇用促進法の施行を前に-, progress in medicine, 37(12),1431-1436, 2017.

(4)特許・出願

なし

(5)その他

1)    堀越勝:認知行動療法 (CBT), 公益財団法人精神・神経科学振興財団ニュースレター エキスパートに聞くNo.18, 2017.

2)    伊藤正哉:統一プロトコル, 臨床心理学 (実践ガイド),  17(4), 492-493, 2017.

3)    伊藤正哉:心理学における自分らしさとは-自分らしくないと感じたときが成長のチャンス, RMS Message, 47, 12-14, 2017.

4)    堀越勝:うつ病診療のUpdateうつ病治療を支える精神療法的アプローチ座談会, DEPRESSION JOURNAL, 5(3), 11-15, 2017.

5)    中島聡美・石井千賀子・井上ウイマラ・伊藤正哉・小笠原知子・黒川雅代子・米虫圭子・坂口幸弘・生島浩・白井明美・瀬藤乃理子・高橋聡美・辻井弘美・滑川明男・村上典子:東北における災害グリーフサポートプロジェクト(JDGS)の活動について, トラウマティック・ストレス, 15(1), 81-85, 2017. 

6)    堀越勝・小林由季:強迫性障害に対する家族プログラムの開発① 家族プログラムの開発とその有効性の検討, 公益社団法人メンタルヘルス岡本記念財団 研究助成報告集2016年度, 2017.

7)    藤澤大介・鈴木伸一・大江悠樹・近藤真前・中野有美・平井啓:身体疾患領域における認知行動療法のひろがり, 認知療法研究, 10, 106-116, 2017.

8)    過敏性腸症候群に対する認知行動療法, Pain Reserch, 32(4), 267-271, 2017.

(1)特別講演・シンポジウム

1)    堀越勝:慢性痛に対する認知行動療法ワークショップ- CBTの基本と慢性痛への応用- 第46回日本慢性疼痛学会「慢性痛の心理アセスメントワークショップ」, 20170217, 東京都

2)    田島美幸:地域協働型の復職支援プログラムの開発, 第17回日本外来臨床精神医学会, 20170319, 東京都 

3)    堀越勝:災害, 犯罪被害の早期支援展開, 第16回日本トラウマティック・ストレス学会, 20170609, 東京都

4)    鈴木友理子・伊藤正哉:PTSDの診断基準変更をめぐる最近の知見, 第16回日本トラウマティック・ストレス学会, 20170611, 東京都

5)    竹林由武・伊藤正哉・中島聡美:複雑性悲嘆の診断基準:近年の動向と疾病構造, 第16回日本トラウマティック・ストレス学会, 20170611, 東京都

6)    大江悠樹:過敏性腸症候群への認知行動療法:痛みに対する注意訓練や内部感覚曝露, 第14回日本うつ病学会総会/第17回日本認知療法・認知行動療法学会, 20170722, 東京都

(2)国際学会

1)    Hikari Namatame, Hiroko Fujisato, Yoko Sawamiya: Development and validation of a Japanese version of Emotion Regulation Questionnaire for Children and Adolescents: A preliminary study (Oral Presented), The 23th International Conference on Adolescent Medicine & Child Psychology, 20170928-29. Berlin, Germany

(3)一般学会

1)    松岡利人・渥美亮祐・小久保奈緒美・横井優磨・齊藤勇二・村田美穂・堀越勝・吉本定伸:Android端末を用いた認知機能評価のためのアプリケーション開発, 教育システム情報学会2016年度第5回研究会, 20170107, 愛媛県

2)    竹林由武・伊藤正哉・藤里紘子・細越寛樹・加藤典子・中島俊・大江悠樹・宮前光宏・蟹江絢子・堀越勝:うつと不安に対する診断横断的CBTにおけるポジティブ感情の役割:感情と症状の因果的ネットワーク解析, 第9回不安症学会, 20170310-11, 福岡県  

3)    小久保奈緒美・渥美亮祐・松岡利人・吉本定伸・和田圭司・堀越勝:認知機能評価アプリ運用に向けた施設内ガイドライン作成の試み, 2017年電子情報通信学会総合大会, 20170325, 愛知県

4)    渥美亮祐・松岡利人・小久保奈緒美・吉本定伸:Androidタブレット端末を用いた認知機能評価に有用なデータ収集の試み, 2017年電子情報通信学会総合大会, 20170325, 愛知県

5)    金吉晴・加茂登志子・小林由季:解離を伴う外傷性死別症例のPE,第16回トラウマティック・ストレス学会, 20170610-11, 東京都

6)    佐々木洋平・野田昇太・城月健太郎:青年期の死生観と自尊感情および体験の回避の関係性, 第16回日本トラウマティック・ストレス学会, 20170610-11, 東京都

7)    秋山剛・岩元健一郎・田島美幸・今井杏理・藤里紘子・川﨑直樹・早坂佳津絵・吉原美沙紀・白川麻子・平林直次・堀越勝・山田晴男・市村玲子・香取美恵子・深澤理香:社会保険労務士を対象とした復職支援研修の有用性の検討, 第14回日本うつ病学会総会/第17回日本認知療法・認知行動療法学会, 20170721, 東京都 

8)    中村有里・田島美幸・宮崎哲治:スーパービジョンを受けた立場から考える認知行動療法の教育体制の現状と課題, 第14回日本うつ病学会総会/第17回日本認知療法・認知行動療法学会, 20170721-22, 東京都 

9)    川﨑直樹・田島美幸・岩元健一郎・今井杏理・藤里紘子・川原可奈・早坂佳津絵・白川麻子・吉原美沙紀・今村扶美・平林直次:認知行動療法と職場連携を中心とした復職支援プログラムとその効果検証, 第14回日本うつ病学会総会/第17回日本認知療法・認知行動療法学会, 20170721-22, 東京都

10)    豊田彩花・加藤典子・伊藤正哉・宮前光宏・花田孝子・西村隆夫・堀越勝:診断横断的な集団認知行動療法におけるうつ・不安症状の時系列変化, 第14回日本うつ病学会総会/第17回日本認知療法・認知行動療法学会, 20170721-23, 東京都

11)    加藤典子・伊藤正哉・中川敦夫・豊田彩花・宮前光宏・西村隆夫・竹林由武・中尾重嗣・花田孝子・馮えりか・堀越勝:不安とうつに対する統一プロトコルによる集団認知行動療法の実施可能性と有効性に関する研究, 第14回日本うつ病学会総会/第17回日本認知療法・認知行動療法学会, 20170721-23, 東京都

12)    伊藤正哉:ポジティブ価システムを働かす:うつ病への認知行動療法の新たな可能性, 日本心理学会第81回大会, 20170922, 福岡県

13)    佐々木洋平・大江悠樹:慢性疾患に対する認知行動療法-過敏性腸症候群(IBS)の認知行動療法の視点から-, 第4回てんかんリハビリテーション研究会, 20170923-24, 神奈川県

14)    片柳章子・伊藤正哉・堀越勝:心的外傷体験後, 遅延表出した怒りに関する介入-性暴力被害に遭った二事例の認知処理療法過程を通して-, 日本心理臨床学会第36回大会, 20171120, 東京都

15)    田島美幸・原祐子・吉原美沙紀・藤里紘子・岩元健一郎・横井優磨・堀越勝:認知症の家族介護者に対する集団認知行動療法プログラムの開発, 第36回日本認知症学会, 20171124-26, 石川県

(4)その他

1)    手島直美・大橋昌資・川瀬英理・佐藤真・田島美幸:事例検討会 アスペルガー症候群患者に対するCBGTを行う際の対応, 集団認知行動療法研究会, 20170716, 東京都

2)    堀越勝(スーパーバイザー):認知的介入に焦点を当てた確認強迫に対する認知行動療法, 第17回日本認知療法・認知行動療法学会, 20170721, 東京都

3)    関口真有・藤澤大介・大江悠樹:痛みに対する破局的思考により日常生活に支障をきたしている線維筋痛症患者に対する認知行動療法の一例, 第17回日本認知療法・認知行動療法学会, 20170721, 東京都 

4)    田島美幸:ワークショップ 自殺(自殺予防のための認知療法・認知行動療法), 第17回日本認知療法・日本認知療法学会, 20170723, 東京都 

5)    堀越勝・小林由季:強迫性障害の認知行動療法, 第17回日本認知療法・認知行動療法学会, 20170723, 東京都 

6)    堀越勝:第7回精神医学サマーセミナー, NCNP, 東京都, 20170729, 東京都

7)    堀越勝:ワークショップ, 第48回東京認知行動療法アカデミー, 20170730, 東京都

8)    堀越勝:慢性痛に対する認知行動療法, 2017年度全国看護セミナー, 20170806, 北海道

9)    堀越勝:慢性痛に対する認知行動療法, 第4回大阪疼痛治療研究会, 20170909, 大阪府

10)    寺島瞳・伊里綾子・山田圭介・大久保智紗・藤里紘子・宮前光宏:境界性パーソナリティ障害へのグループ療法-STEPPSの概要および有効性について-,日本認知・行動療法学会第43回大会, 20170929-1001, 新潟県

11)    堀越勝:CBT心理的アプローチ入門, 第11回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス, 20171026, 東京都

12)    堀越勝:こころを元気にする認知行動療法, 日本ポジティブサイコロジー医学会, 20171125, 東京都

1) 行政等への貢献

・ 平成28年度 消費生活相談員研修 専門・事例講座(2泊3日コース)対応困難相談者への相談対応関連3回目相談員のメンタルヘルスケア, 独立行政法人国民生活センター, 20170113, 徳島県

・ 認知行動療法を用いたグループワーク研修, 法務省矯正局, 20170126, 東京都

・ 女川町聞き上手研修会, 女川町保健センター, 2170202, 宮城県

・ 認知行動療法, 法務省矯正研修所, 20170629, 東京都

・ ゲートキーパー養成講座 がんばりすぎる人のためのストレス解消術~こころのスキルアップトレーニング~, 社会福祉法人小平市社会福祉協議会, 20170921, 東京都

・ 認知症の家族介護者のための認知行動療法, 社会福祉法人小平市社会福祉協議会, 20171016, 東京都

2) 市民社会への貢献

・ 悲しみ・不安・怒りを収めて, ご機嫌に過ごす方法ハルメク, 堀越勝さんのこころのお話し会, 20170209

・ 心理臨床学実習C認知行動療法, 放送大学学園, 20170520, 20170603, 東京都

・ 気持ちが楽になる発想転換のコツ~認知行動療法の視点から~, 小平市健康福祉部, 20170522, 東京都

・ 心理臨床学実習C認知行動療法, 放送大学学園, 20171028, 20171111, 東京都

・ 認知症介護支援者(家族・専門職)への認知行動療法, 都立松沢病院20171128, 東京都

・ みんなで学ぼう!強迫性障害~認知行動療法と家族の対応について~,所沢市保健センター, 20171220, 埼玉県

3) 専門教育への貢献

・ ベーシック研修, NPO法人OCD-Japan, 20170113, 20170127, 20170210, 20170224, 20170512, 20170526, 20170616, 20170630, 20170714, 20170728, 20170901, 東京都

・ アドバンス研修, NPO法人OCD-Japan, 20170118, 20170215, 20170517, 20170607, 20170719, 20170823, 20170906, 東京都

・ 認知行動療法理論と実際, 平成28年度高知県認知行動療法研修会, 20170115, 高知県

・ 強迫性障害の認知行動療法研修, 国立精神・神経医療研究センター認知行動療法センター外部研修, 20170121-22, 東京都

・ 医療従事者のためのCBTモデルに基づくコミュニケーションスキル研修, 第4回医療法人育生会篠塚病院, 20170131, 東京都

・ 第7回超クイックセミナー 認知症の家族介護者への認知行動療法,看護のための認知行動療法研究会, 20170204, 東京都

・ 精神保健夜間講座「認知療法の基礎を学ぶ」問題解決技法とアサーション, 明治安田こころの健康財団, 20170208, 東京都

・ てんかん患者に対するWAIS-IIIの実施と解釈 (1), 新宿神経クリニック, 20170228, 東京都

・ トラウマに関する認知処理療法(CPT)研修, 国立精神・神経医療研究センター認知行動療法センター外部研修, 20170511-12, 東京都

・ うつ病と不安症に対する診断を越えた認知行動療法:統一プロトコル研修, 国立精神・神経医療研究センター認知行動療法センター外部研修,  20170524-25, 東京都

・ 認知行動療法におけるコミュニケーションスキル研修, 国立精神・神経医療研究センター認知行動療法センター外部研修, 20170610-11, 東京都

・ ケアする人の対話スキル, 東京大学医学部附属病院, 20170626, 東京都

・ 第7回精神医学サマーセミナー, NCNP, 20170729, 東京都

・ 第13回認知行動療法研修会, 日本精神科病院協会, 20170620-0701, 東京都

・ 疼痛の認知行動療法研修, 国立精神・神経医療研究センター認知行動療法センター外部研修, 20170826, 東京都

・ ケアのコミュニケーションスキル研修:認知行動療法に基づいた技法から, 第8回慢性痛の心理アセスメント研究会, 20170924, 東京都

・ 第14回認知行動療法研修会, 日本精神科病院協会, 20171005-06, 東京都

・ 日本サイコオンコロジー学会研修セミナー, 第30回日本サイコオンコロジー学会総会, 20171013, 東京都

・ コミュニケーションスキル講習会, 日本繊維筋痛症学会第9回学術集会, 20171015, 大阪府 

・ 認知行動療法の基礎, NCNP精神科作業療法研修会, 国立精神・神経医療研究センター病院1階 就労支援室, 20171025, 東京都 

・ 慢性疼痛患者の実践会話, 平成29年度慢性疼痛診療体制構築事業モデル事業, 連携大学合同慢性疼痛診療研修会, 20171029, 東京都

・ 定例研修会 うつ病に対する認知行動療法, 世田谷区社会福祉事業団, 20171108, 東京都

・ 認知行動療法に基づいたケアのコミュニケーションスキル研修, 平成29年度静岡こころの健康センター認知療法研修会, 20171116, 静岡県

・ 認知行動療法の理論と実際, 認知行動療法研修, 多摩総合精神保健福祉センター, 20171117, 東京都

・ 認知行動療法, 法務省矯正研修所, 20171128, 東京都

・  認知行動療法の基本的な考え方とその対応, 久留米大学医学部 Ground Rounds, 20171208, 福岡県 

・ 平成29年度心とからだの健康づくり指導者等のための実務向上研修 健康づくりに活かす認知行動療法, 中央労働災害防止協会, 20171213, 愛知県

・ 基本実践教育コース・看護管理研修セカンダリーコース, 名古屋大学, 20171221, 愛知県

 

ごあいさつ 医療従事者の皆さまへ アクセス リンク


国立精神・神経医療研究センター国立精神・神経医療研究センター 病院 神経研究所 精神保健研究所

トランスレーショナル・メディカルセンター メディカル・ゲノムセンター 脳病態統合イメージングセンター

ページの先頭へ